消費者金融案内入ロ

※当サイトはプロモーションが含まれています










カードローン審査基準ってどんなものなの?

カードローン審査基準は、主に以下のような項目をチェックしています。

  1. 収入
  2. 職業
  3. 勤続年数
  4. 居住年数
  5. 借入金額や返済履歴
  6. 信用情報

これらの項目を基に、返済に問題がないと判断された場合に審査が通ります。

また、審査基準には各消費者金融会社ごとに違いがあります。
例えば、一部の会社は「総量規制」と呼ばれる法律に基づいて、借入可能額や返済期間を制限する場合があります。

審査基準の詳細

審査基準の詳細については、以下のような項目があります。

収入

カードローンの審査では、安定した収入があるかどうかが重要なポイントになります。
具体的には、以下のような収入がある場合に審査が通りやすくなります。

  • 正社員の場合は、雇用期間や年収が高い場合に有利です。
  • アルバイトやパートの場合は、勤務期間や月収が高い場合に有利です。
  • 自営業者やフリーランスの場合は、事業経歴や確定申告書などの資料が重要になります。

職業と勤続年数

職業によっても審査の難易度が変わってきます。
例えば、公務員や大手企業の社員は、信用が高く通りやすい傾向があります。
また、勤続年数が長い場合にも審査が通りやすくなります。

居住年数

同じ住所に長く住んでいる場合、安定した生活ができると見なされ、審査が通りやすくなります。

借入金額や返済履歴

過去に借り入れた経験がある場合、その返済履歴が問題ないかどうかが審査のポイントになります。
過去に返済に遅れたことがあると、審査が通りにくくなります。

信用情報

信用情報機関に登録されている情報が、審査に影響を与える場合があります。
例えば、過去に債務整理や自己破産をした場合、審査が通りにくくなることがあります。

審査で必要な書類は何があるの?

消費者金融のカードローン審査で必要な書類は何があるの?

一般的に必要な書類

  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • 収入証明書(源泉徴収票や給与明細書など)
  • 勤務先の在籍確認書類(住民票や社員証、雇用保険被保険者証など)
  • クレジットカードや借入金の残高照会書類
  • 保証人についての情報(保証人が必要な場合)

各消費者金融で異なる可能性がある書類

  • その消費者金融の専用申し込み書
  • 収入があることを証明する書類(給与の振り込み明細や自営業の場合は確定申告書など)
  • 返済能力を証明するサラリーマンや個人事業主等の口座残高証明書
  • 不動産を所有する場合は不動産登記簿謄本や固定資産税納税証明書などの不動産関連書類
  • 車やバイクを所有する場合は自動車検査証や自動車重量税納税証明書などの車両関連書類

※各消費者金融で異なる可能性があるため、申し込み前には必要な書類を確認することが大切です。

審査通過率ってどれくらいなの?

カードローン審査通過率について

審査通過率は各消費者金融によって異なる

統一された審査基準はなく、各消費者金融が独自の基準で審査を行うため、審査通過率は会社ごとに異なります。

審査に合格するためのポイント

  • 安定した収入があること
  • 信用情報に問題がないこと
  • 借入額が収入に見合った範囲内であること

まとめ

審査通過率は消費者金融によって異なります。
公表されたデータは目安に過ぎず、自分自身で審査にかかる前に慎重に検討することが大切です。
安定した収入や良好な信用情報を持つこと、借入額を収入に見合った範囲内に抑えることが審査に合格するためのポイントです。

審査落ちした場合、再度審査することはできるの?

審査落ちした場合、再度審査することはできるの?

回答

  • 審査落ちした場合でも、再度審査をすることは可能です。
  • ただし、審査基準が変わっている場合や、審査の申し込みから一定期間が経過している場合は、再度審査をすることができない場合があります。
  • また、再度審査をしても審査に落ちた場合には、次の審査に通る可能性は低くなります。

根拠

  • 消費者金融業界において、再度審査を受けることができることは一般的なことです。
  • しかし、審査基準や審査期間に関するルールは各消費者金融によって異なるため、事前に確認することが必要です。
  • また、審査に落ちた履歴がある場合には、信用情報機関に登録されてしまうため、再度の審査に通りにくくなる傾向があります。

まとめ

カードローンの審査基準は、収入、職業、勤続年数、居住年数、借入金額や返済履歴、信用情報などが重要なポイントになります。審査に影響を与える情報には、総量規制や信用情報機関に登録された情報もあります。会社によって基準が異なるため、詳細は各社の公式サイト等で確認する必要があります。

金利計算シミュレーター

返済金額計算

借入額、返済日数、金利より毎月の返済金額を計算します

  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

返済期間計算

借入額、返済金額、金利より毎月の返済期間を計算します

  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

借入可能額計算

返済回数、返済金額、金利より毎月の借入可能額を計算します

  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます
金融関係
借入れ入ロ