消費者金融web窓ロ

※当サイトはプロモーションが含まれています


はじめてのアコム

「はじめてのアコム」という表現が示す通り、アコムは初心者にも親しみやすい印象の会社です。
事実、アコムでは新規の利用者が安心してサービスを活用できるよう多彩なサービスが提供されています。

アコムが選ばれている理由を以下にご紹介します

  • 三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融業者だから大きな安心感がある
  • 最速30分での審査により、即日融資も可能
  • 初回契約日の翌日から30日間、金利が0円のサービスが提供されています
  • 大手消費者金融の中で最も多くの利用者を抱えている
  • 最高800万円までの融資が可能で、使い道に制限はない
  • 自動契約機(むじんくん)の設置数が業界一
  • 電話による申し込みは年中無休で対応している
  • カードローン機能付きのクレジットカードも展開している
  • アコムは、三菱UFJ銀行と同じ三菱UFJフィナンシャル・グループという信頼できるブランドです

消費者金融の借り入れ条件について

借り入れ条件の設定方法

消費者金融の借り入れ条件は以下のような要素から設定されます。

  • 審査基準:申込者の収入や勤続年数、信用情報など
  • 融資額:申込者の収入に応じた限度額や、融資商品による最大限度額など
  • 金利:融資商品によって異なる金利が設定されており、申込者の信用状況によって変動することもある
  • 返済期間:融資商品によって異なる返済期間が設定されており、申込者の収入状況によって変更可能な場合もある
  • 返済方法:銀行振込やコンビニ払い、ATMなど、複数の支払い方法から選択可能な場合がある

借り入れ条件の根拠

消費者金融業界では、「貸しても返せないお金を借りないように」という信条があるため、申込者が返済するための能力をしっかりと審査する必要があります。
そのため、借入限度額は申込者の収入に応じて設定され、金利も申込者の信用状況によって変動します。
返済期間や方法も、申込者の収入状況に応じて柔軟に対応することができるようになっています。
また、消費者保護の面から、仮審査後に申込者本人が契約内容を確認してからの本審査が必須であるとされています。

借り入れをするために必要な手続きは何か?

消費者金融の借り入れ手続きに必要なもの

1. 本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード

消費者金融では、借入申込時に本人確認書類が必要となります。
運転免許証やパスポートなど、公的機関が発行する身分証明書が一般的に使われています。

2. 収入証明書

  • 給与明細
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 青色申告書

消費者金融では、借入金額が一定額以上になる場合には、収入証明書が必要となります。
収入証明書は、給与明細や源泉徴収票、確定申告書、青色申告書などがあります。

3. 銀行口座

消費者金融から借入する場合には、銀行口座が必要となります。
消費者金融によっては、口座振替による返済が必須となる場合もあります。

4. 借入申込書

借入申込書には、借入希望金額や返済期間、個人情報などが記載されます。
借入申込書には、正確な情報を記載することが大切です。

5. 審査

借入希望者の返済能力や返済実績などを確認する審査が行われます。
審査には、利用者の収入や勤務先、借入履歴などが考慮されます。

利息の割合はいくらなのか?

消費者金融の利息の割合について

消費者金融の利息の割合は各社で異なりますが、一般的には年利20%~30%程度が相場となっています。

ただし、総量規制法により、消費者金融の貸付利率は年利18%を上限としています。
しかし、別途手数料や保証料が加算されることで、実質年利は20%~30%になることがあります。

また、総量規制法に抵触しない無担保型カードローンでは、年利が20%を超えることもあります。

以上のように、消費者金融の利息の割合は各社によって異なり、また法律の制限もありますが、実質年利には注意が必要となります。

借り入れの審査基準はどのように決まるのか?

消費者金融の借り入れ審査基準について

消費者金融の借り入れ審査基準は、以下の要素に基づいて決まります。

1. 信用情報

消費者金融は、主に信用情報機関から提供される個人の信用情報を参考にして、審査を行います。
信用情報には、クレジットカードやローンの履歴、過去の返済状況、滞納や債務整理の有無などが含まれます。

2. 家計状況

消費者金融は、借入希望者の収入や家計状況、職業、勤務先などを詳しく確認します。
収入が安定していることや、借入額に見合った返済能力があることが求められます。

3. その他の要素

借入額や返済期間、借入目的なども、消費者金融が審査に考慮する要素となります。
また、現在他社からの借り入れがある場合や、保証人が必要な場合もあります。

以上が、消費者金融の借り入れ審査基準の主な要素です。
ただし、各消費者金融の審査基準は異なるため、一概には言えません。
また、それぞれの消費者金融が独自に開発した審査システムを使用しているため、根拠のある一般的な情報はありません。

まとめ

消費者金融の借り入れ条件は、申込者の収入や勤続年数、信用情報などに応じて決定されます。借入限度額は収入に応じて設定され、金利は申込者の信用状況によって変動します。また、返済期間や方法も申込者の収入状況に応じて柔軟に対応できます。借り入れ手続きには、本人確認書類と収入証明書が必要です。借入金額が一定額以上になる場合には、収入証明書が必要となります。

金利計算シミュレーター

返済金額計算

借入額、返済日数、金利より毎月の返済金額を計算します

  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

返済期間計算

借入額、返済金額、金利より毎月の返済期間を計算します

  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

借入可能額計算

返済回数、返済金額、金利より毎月の借入可能額を計算します

  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます
金融関係
借入れ入ロ