消費者金融審査入ロ

※当サイトはプロモーションが含まれています









元本返済と元利返済って何?

元本返済と元利返済とは?

元本返済

元本返済とは、借金をする際に借りた元本に対して、定期的に返済を行い、最終的に全額を返済する方法です。

  • 元本のみを返済するため、利息分は後回しになります。
  • 返済期間が短い場合、総返済額が少なくなるため、元本返済を選ぶ人もいます。
  • 消費者金融の中には、元本返済を選択できるような商品もあります。

元利返済

元利返済とは、借金をする際に借りた元本と、その元本に付随する利息を併せて返済する方法です。

  • 返済期間が長くなるため、毎回の返済額が低くなる点が特徴的です。
  • 最終的に総返済額が元本に加えて利息分も含まれるため、元本返済より総返済額が高くなる場合が多いです。
  • 消費者金融の多くは元利返済が主流です。

根拠: 多くの消費者金融会社が、自社の商品ページや契約書に元本返済と元利返済に関する説明を掲載しているため。

どちらがお得な返済方法なの?

元本返済と元利返済の違いとは?

借金をする際には、元本と利息があります。
元本とは、借金した本来の借入金額のことであり、利息とは、借りたお金に対して追加で支払われるお金のことを指します。

元本返済とは、毎月の返済額から利息分を差し引いた金額を、毎月定期的に元本に充てて返済する方法です。
一方、元利返済は、毎月の返済額から元本分と利息分を払い、元本と利息を同時に返済する方法です。

どちらがお得な返済方法なの?

一般的には、元利返済がお得だとされています。
その理由としては以下が挙げられます。

  • 元利返済は、返済期間が短くなる
    元利返済は、毎回元本と利息を返済するので、返済期間が元本返済より短くなります。
    そのため、総支払額が元本返済よりも低く抑えられることが多いです。
  • 元利返済は、金利によって支払い額が変動しない
    金利が変動しない限り、元利返済の支払い額は一定です。
    一方、元本返済の場合は、毎回の支払い額が金利によって変動します。
    そのため、支払い額を予測しにくいというデメリットがあります。

以上の理由から、通常は元利返済がお得だとされています。

返済期間が長くなるとどうなるの?

返済期間が長くなるとどうなるの?

元利返済の場合

  • 返済金額が少なく済む
  • 総返済金額が大きくなる

返済期間を長くすると、月々の返済金額は少なくなるため、一時的に負担が軽減される傾向があります。
しかし、元利返済の場合、返済期間が長くなるほど総返済金額が増加するため、返済総額が増えます。

元本返済の場合

  • 早期返済時の利息負担が減る
  • 総返済金額が少なくなる

返済期間を長くすると、月々の返済金額は一定のままとなりますが、返済期間が長くなるほど総返済金額が減少するため、返済総額が少なくなります。
また、早期返済を行う場合には、返済期間が短いと利息負担が少なくなるため、元本返済を選択する場合が多いです。

ただし、返済期間を長くすることで返済負担を軽減したい場合、元利返済の方が選択されることが多いです。
また、返済期間を選択する際には、自分の返済計画や生活費を考慮した上で、適切な期間を選択することが重要です。

金利が変わった場合の返済方法は?

消費者金融における金利変更時の返済方法は?

元本返済と元利返済の違い

  • 元本返済:毎月の返済額は一定で、その中から元金を返済する方法。
  • 元利返済:毎月の返済額は一定で、その中から元金と利息を返済する方法。

金利変更時の対応方法

消費者金融は、金利変更時に返済方法を変更することがあります。
以下にその方法を示します。

  1. 元本返済の場合
    金利が上がった場合、返済額は増えることになります。
    この場合、返済期間を延ばすか、返済額を増やす必要があります。
  2. 元利返済の場合
    金利が上がった場合、返済額は増えることになります。
    この場合、元利返済の場合は、支払う金利が増えることになり、返済期間も延びることになります。
    返済額を増やす必要がある場合は、期間を短縮するか、毎月の返済額を増やす必要があります。
  3. 返済不能になった場合
    万が一、元利返済の場合でも返済ができなくなった場合は、返済期間を延ばす只、または、元本返済に切り替えることができる場合があります。

また、金利変更に伴い返済方法が変更された場合は、計算ミスや誤った計算方法を適用していないかどうか、必ず確認してください。

以上が、消費者金融における金利変更時の返済方法についての解説です。

まとめ

元本返済とは借りた元金しか返済せず、利息は後回しにする返済方法であり、返済期間が短い場合総返済額が少なくなるメリットがある。一方、元利返済は元金と利息を併せて返済する方法であり、返済期間は長くなるが支払額が低くなるメリットがある。元利返済の方がお得な理由として、返済期間が短く総支払額が少なくなることや、金利が変動しない限り支払い額が一定であることが挙げられる。

金利計算シミュレーター

返済金額計算

借入額、返済日数、金利より毎月の返済金額を計算します

  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

返済期間計算

借入額、返済金額、金利より毎月の返済期間を計算します

  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

借入可能額計算

返済回数、返済金額、金利より毎月の借入可能額を計算します

  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます
金融関係
借入れ入ロ