返済能力の評価と向上方法

※当サイトはプロモーションが含まれています

返済能力の評価とは何ですか?

返済能力の評価とは何ですか?

返済能力の評価とは、借りたお金を返済する能力を測定することです。
消費者金融や銀行などの貸金業者は、借り手の収入、貯蓄、借入履歴、雇用状況などの情報を基に、返済能力を評価します。
その評価によって貸し手は、借り手にどの程度の金額を貸すことができるか、または貸すべきではないかを決定します。

返済能力の評価に使用される指標

返済能力の評価に使用される指標は以下のようなものがあります。

  • 収入:借り手の収入がどれだけあるか、安定しているかを確認します。
  • 貯蓄:借り手が貯蓄しているお金の額を確認します。
    貯蓄があれば、返済能力が高いと判断されます。
  • 借入履歴:借り手がこれまでに借りた履歴があるか、返済が遅れたことがあるかを確認します。
  • 雇用状況:借り手が雇用されているか、正社員か、アルバイトや派遣社員かを確認します。
  • その他の借入:借り手が他のローンやクレジットカードを持っている場合、それらの返済状況を確認します。

返済能力の評価に基づいた貸し手の判断

返済能力が高いと判断された場合、貸し手はより多くのお金を貸すことができます。
また、返済能力が低いと判断された場合、貸し手はお金を貸すことを断ることもあります。

しかし、これらの指標はあくまでも目安となるため、返済能力があると判断された借り手でも、実際に返済が遅れることがあるかもしれません。

評価基準や方法はどのように決められているのですか?

消費者金融における返済能力評価基準と方法

評価基準

消費者金融会社は、借り手個人の信用情報、収入、職業、借入履歴などを総合的に評価して、返済能力を判断します。
主な評価基準は以下の通りです。

  • 信用情報の確認
  • 収入・職業の確認
  • 借入履歴の確認
  • 家族構成の確認
  • 借入目的の確認

評価方法

消費者金融会社は、基本的には審査担当者が借り手と面談し、書類審査と合わせて返済能力を評価します。
また、信用情報機関に登録している借り手の情報を参照する場合もあります。

評価基準の根拠

消費者金融会社は、貸出金利が高いため、事前に借り手の返済能力を評価することで、返済滞納や貸し倒れを最小限に抑えることを目的としています。
また、消費者金融の業法により、返済能力評価に関する基準が定められています。

返済能力が低い場合、どのような影響があるのでしょうか?

返済能力が低い場合の影響とは?

消費者金融からの借り入れで影響が生じる可能性

  • 融資審査で不利になる:返済能力が低い場合、審査に落ちる可能性が高くなります。
  • 限度額が低くなる:融資を受ける場合、返済能力や信用状況に応じて限度額が決定されます。
    返済能力が低い場合、限度額が低くなることがあります。
  • 金利が高くなる:返済能力が低い場合、金利が高くなることがあります。

社会的信用への影響

  • 信用情報機関に情報が登録される:金融機関と取引をする際には、信用情報機関に登録された情報が参考にされます。
    返済能力が低い場合、その情報が登録される可能性があります。
  • 借り入れができなくなる:返済能力が低い場合、金融機関からの借り入れができなくなる可能性があります。
    また、住宅ローンや自動車ローンなど、大きな借り入れが難しくなることもあります。

生活への影響

  • 生活費に影響が出る:借金返済に苦しみ、生活費に影響が出ることがあります。
  • ストレスや精神的な影響:借金返済に苦しむと、ストレスや精神的な影響が出る可能性があります。

参考文献

  • 金利の高いキャッシングでも、返済能力というポイントはきちんと見てくれる。
  • 返済能力が低い場合はどうしたらいいの?

返済能力を向上するためにはどのような方法がありますか?

返済能力を向上するための方法

1.収支の見直しをする

  • 支出を見直す
  • 無駄な支出を減らす
  • 節約する方法を考える

返済能力を向上するためには、自分の収支状況を正確に把握することが大切です。
収入から支出を減じた残りの金額を把握し、必要な支出を優先的に行い、余ったお金で返済に回すようにすると良いです。

2.返済計画を立てる

  • 返済期間を決める
  • 毎月の返済金額を計算する
  • 返済計画に沿って返済する

返済計画を立てることで、返済期間や毎月の返済金額が明確になります。
返済計画に沿ってしっかりと返済を行い、借金から解放されることができます。

3.収入を増やす

  • 副業を始める
  • 残業をする
  • 資格を取得する

収入を増やすことで、毎月の返済額を増やすことができます。
副業を始めたり、残業をするなど自分の能力を活かして収入を増やすようにしましょう。

4.優先順位を考える

  • 高利の借金から返済する
  • 返済期限が迫っている借金から返済する
  • 保証人がいる借金から優先的に返済する

優先順位を決めることで、効果的な返済を行うことができます。
高利の借金や返済期限が迫っている借金は優先的に返済し、保証人がいる借金は返済に優先度を置くようにしましょう。

5.債務整理をする

返済能力が限界に達してしまった場合、債務整理を行うことで返済ができない借金から解放されることができます。
債務整理は弁護士や司法書士などを通じて行うことができます。

まとめ

消費者金融は、借り手の信用情報、収入、職業、借入履歴、家族構成、借入目的などを総合的に評価し、返済能力を判断します。評価方法は、信用情報機関からの信用情報照会により、個人の借入履歴や支払い実績を確認し、収入や職業については所得証明書や勤務先との連絡、家族構成については家族名簿や住民票から確認します。また、借入目的については本人確認書類や契約書から確認します。これらの情報から、返済能力のある借り手には多くのお金を貸し、返済能力のない借り手にはお金を貸すことを断ることがあります。

金利計算シミュレーター

返済金額計算

借入額、返済日数、金利より毎月の返済金額を計算します

  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

返済期間計算

借入額、返済金額、金利より毎月の返済期間を計算します

  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

借入可能額計算

返済回数、返済金額、金利より毎月の借入可能額を計算します

  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます
記事
借入れ入ロ