お金を借りるなら知っておきたい!返済期間の真実とは?

※当サイトはプロモーションが含まれています

返済期間とは何ですか?

返済期間とは何ですか?

定義

返済期間とは、ローンやクレジットカードの利用などで負担した借入金を返済するために、借入契約において決められた期間のことです。

期間の種類

返済期間には、借り入れ金額や返済方法によって様々な種類があります。
一般的には、以下のように分類されます。

1. 短期返済

借り入れしたお金を短期間で完済する返済方法で、代表的なものにはクレジットカードのリボ払いが挙げられます。
返済期間は2週間〜1か月程度です。

2. 中長期返済

住宅ローンやマイカーローンなど、一定の期間にわたって返済する方法で、返済期間は2年〜30年程度が一般的です。

3. ロングタームローン

大きな借り入れをする場合や、高額の設備投資を行う企業などが利用する返済方法で、返済期間は30年以上になることがあります。

根拠

返済期間は、借入先の金融機関と借り手の間で取り決められた契約の一部となります。
返済期間が長ければ借り手にとって負担が減り、短ければ利息が低く済むなど、借り手にとってのメリットやデメリットがあります。
また、借入先側にとっても、返済期間が長ければ金利が高くなるなどのメリット・デメリットがあります。
そのため、返済期間は、借り手と借入先が双方合意した上で設定されます。

  • 短期返済:2週間〜1か月
  • 中長期返済:2年〜30年
  • ロングタームローン:30年以上
  1. 返済期間は、借入先と借り手の合意によって決定される。
  2. 返済期間が長い場合、借り手には負担が減り、返済金額が少なくなるが、借入先にとっては金利が高くなる可能性がある。
  3. 返済期間が短い場合、借り手にとっては返済期間が短くなる分、利息が低く抑えられるが、返済額は負担が大きくなる。

返済期間はどのように設定されますか?

返済期間に関する設定方法

基本的な返済期間の設定方法

銀行やクレジットカード会社などの貸金業者が設定する返済期間は、融資額や借入額、借り手の信用度、返済能力などによって異なります。
一般的な返済期間は、3ヶ月〜最長で30年までとなっています。

返済期間の変更方法

返済期間を変更する方法には、以下のようなものがあります。

  • 貸金業者に直接交渉して変更する方法
  • 契約書や利用規約に定められた変更申請方法に従って変更する方法

ただし、変更には貸金業者の許可が必要であり、返済期間を短くした場合には借入額が増えることがあります。

返済期間の根拠

返済期間の根拠は、貸金業者のリスク評価に基づいて設定されています。
貸金業者は、借り手の返済能力や財政状況などを評価し、返済期間を設定することで、借り手が返済能力を超えた借入をしないようにし、貸金業者自身も返済不能に陥らないようにしています。

借り手が返済期間に気をつけるべきこと

借り手が返済期間に注意すべきことは、以下のようなものがあります。

  1. 返済期間が長くなるほど総返済額が増えることを理解する
  2. 返済期間中に利用できる財政余裕を計算しておく
  3. 返済期間が長いと返済にかかる利息が多くなることを考慮する

返済期間を延ばすことにはどのようなリスクがあるのでしょうか?

返済期間を延ばすリスクについて

返済額の増加

金利負担の増加

  • 返済期間を延ばすと、金利負担が増加する。
  • 金利によって、返済にかかる利息が増えるため、延長した分だけ返済額が増加する。

元金担保比率の低下

  • 返済期間を延ばすと、元金担保比率が低下し、その結果、返済額が増加する。
  • 元金担保比率が低下すると、貸付先からの信用度が低下する可能性がある。

金融機関からの信用度低下

信用度の低下

  • 返済期間を延ばすと、元利金額が増加するため、金融機関から見て信用度が低下する可能性がある。

債務不履行による信用度の減少

  • 返済期間を延ばすと、元利金額が増加するため、債務不履行になるリスクが高くなる。
  • 債務不履行になると、借り手に対して信用度が低下する可能性がある。

複利による負担増加

利息の複利による負担増加

  • 返済期間が延びると、利息が複利計算されるため、元利金総額が増加する。
  • 返済期間が延びることで、利息負担の増加が、返済総額の増加を招く。

元利金総額の増加による負担増加

  • 返済期間が延びると、元利金総額が増加するため、負担が増える。

根拠

上述したリスクの根拠は、金融機関、ビジネスライクな論文、財務機関から報告されています。
また、一般的な理論パターンからも定義されています。

返済期間を短縮する方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

返済期間を短縮する方法について

1. 追加返済する

借入金額や利率によっては、返済期間が短縮できることがある。
一定期間以上経過した場合、返済金額の一部を追加返済することで、借入金額の減額による利息の軽減で返済期間の短縮が可能となる。
ただし、契約書によっては追加返済が禁止されている場合もあるので、契約書をよく読んでおくことが必要である。

2. ボーナス返済を利用する

年末や夏季など、企業によってはボーナスが出るタイミングがある。
このボーナスで一気に返済することによって、返済期間を短縮できる場合がある。
ボーナス返済を利用する場合は、事前に契約書などを確認し、追加手数料がかかる場合があるので注意が必要である。

3. 金利が低い銀行などに借り換える

現在借りているローンの金利が高い場合、金利が低い他の銀行や金融機関に借り換えることによって、返済期間を短縮できることがある。
ただし、借り換えの手数料や審査にかかる時間などを考慮する必要があり、借り換えのメリット・デメリットをよく検討することが重要である。

4. 返済額を上げる

返済期間を短縮するためには、毎月の返済額を上げることが一つの手段である。
ただし、返済額が大幅に上がった場合、生活に影響が出る可能性があるため、事前に家計簿を作成して予算を確認することが必要である。

5. 先取り返済をする

ローンを組んだ際に、毎月の返済日が設定されているが、その前に返済額を支払うことができる先取り返済によって、返済期間を短縮できることがある。
ただし、先取り返済によって手数料が発生する場合があるため、事前に確認することが必要である。

6. 長期ローンを避ける

返済期間が長いローンは、短期間で返済する場合と比較して、利息が多く発生してしまうことがある。
返済期間を短縮するためには、できるだけ短期間のローンを選択することが望ましい。

7. 定期的に借り直す

住宅ローンなど、返済期間の長いローンでは、数年ごとに借り直すことによって金利の低いローンに切り替えることができる。
ただし、返済期間が延びてしまうため、慎重に判断する必要がある。

8. 審査申請前に事前返済を行う

返済期間を短縮するためには、事前に一定期間以上の返済によって、借入履歴をつくることができる。
審査申請前に、事前返済を行うことで審査に有利に働くことがある。
ただし、完済状態で審査した場合、借入履歴がないため、審査に通過しにくくなるというデメリットもある。

9. ローンの返済方法を改める

毎月、返済日に定額返済を行っている場合、一括で返済する方法に変更することで返済期間を短縮できることがある。
また、ボーナスや賞与などの特別収入があった場合には、そのたびに一定額を返済する方法もあり、返済期間を短縮できる。

10. 返済予定表を作成する

返済予定表を作成することによって、将来的な返済額を把握することができる。
返済額が何円になるのか、どのタイミングで返済額が増えるのかといったことがわかるため、将来の家計の見通しに役立ち、返済期間を短縮するための策を立てる上で参考になる。

まとめ

銀行やクレジットカード会社などの貸金業者は、借り手との契約に基づいて返済期間を設定します。返済期間は、借り入れの金額や目的、返済能力などを考慮して決定されます。例えば、住宅ローンの返済期間は通常20年以上に設定されることが多く、自動車ローンの返済期間は5年〜7年程度に設定されることが一般的です。また、クレジットカードのリボ払いの場合は、短期間の返済が可能なため、2週間〜1か月程度の返済期間が設定されます。

借入れ入ロ