カードローンのデメリットと注意点

※当サイトはプロモーションが含まれています

急な出費や支払いが重なったとき、カードローンはとても便利な存在です。簡単な手続きでお金を借りることができるため、多くの人が利用しています。しかし、カードローンにはデメリットや注意点もあり、利用には十分な注意が必要です。金利や返済期間、返済計画などを理解し、借り過ぎにならないようにすることが大切です。また、借入先を選ぶ際にも、信頼性の高い業者を選ぶことが重要です。本記事では、カードローンのデメリットや注意点について、詳しく解説していきます。カードローンを利用する際には、ぜひ参考にしてください。

1. 高い金利

カードローンは、銀行などからお金を借りるよりも高い金利が設定されている場合があります。特に、審査に通りやすい「消費者金融」のカードローンは、金利が高く設定されています。そのため、返済期間が長引くと、借入額に対して多額の利息を支払うことになります。カードローンを利用する場合は、金利をよく確認してから利用するようにしましょう。

2. 短期間での返済が必要

カードローンは、短期間で返済することが求められる場合があります。例えば、消費者金融の場合は、最長でも数年での返済が求められます。そのため、返済計画を立て、毎月の返済額を確認することが重要です。また、返済が滞ると、遅延損害金や違約金が発生する場合がありますので、返済期日を守るようにしましょう。

3. 審査に落ちる可能性がある

カードローンは、返済能力を判断するための審査があります。審査に通らない場合もありますので、必ずしも借りられるわけではありません。特に、複数のカードローンを同時に申し込むと、審査に落ちやすくなります。審査に通るためには、安定した収入や借入件数の少なさなどが必要です。審査に通るかどうかを確認するためには、事前に複数の業者に相談してみることが大切です。

4. 借りすぎに注意

カードローンは、手軽にお金を借りることができる反面、借り過ぎに注意が必要です。自分が返済できる範囲を超えて借入をしてしまうと、毎月の返済額が増え、返済期間が長引くことになります。また、返済能力が低下すると、遅延損害金や違約金が発生し、借金が膨らんでしまうこともあります。カードローンを利用する場合は、必要最低限の金額にとどめ、自分が返済可能な範囲内で借り入れるようにしましょう。

5. 返済期間の延長に注意

カードローンは、返済期間を延長することができる場合があります。しかし、返済期間を延長すると、利息を長期間支払うことになるため、返済総額が膨らむことになります。また、返済期間を延長することで、返済計画が狂ってしまうこともあります。返済期間の延長を検討する場合は、返済総額や返済計画をしっかりと把握した上で、利用するようにしましょう。

6. 借入先の信頼性に注意

カードローンを利用する場合は、借入先の信頼性にも注意が必要です。カードローンを提供する業者には、金融庁からの登録が必要となりますが、中には悪徳業者も存在します。悪徳業者は、高金利や違法な取り立てを行うなど、消費者にとって不利な条件を提示することがあります。カードローンを利用する場合は、金融庁のサイトなどで登録されている業者を選ぶようにしましょう。

7. クレジットスコアに影響を与える可能性がある

カードローンの借入や返済が、クレジットスコアに影響を与える場合があります。クレジットスコアは、貸倒れリスクを予測するための指標であり、銀行やクレジットカード会社などが利用しています。カードローンの返済が滞った場合、クレジットスコアが低下し、今後の借入に影響を与える可能性があります。そのため、カードローンを利用する場合は、必ず返済計画を立て、返済期日を守るようにしましょう。

8. 複数のカードローンを利用する場合は注意が必要

複数のカードローンを同時に利用する場合は、注意が必要です。複数のカードローンを利用することで、返済計画が複雑化し、返済漏れや滞納が発生する可能性があります。また、複数のカードローンを利用することで、返済総額が膨らむことにもなります。複数のカードローンを利用する場合は、返済計画をしっかりと立て、返済期日を守るようにしましょう。

9. ローンの目的を明確にすることが重要

カードローンを利用する際には、借入目的を明確にすることが大切です。例えば、消費者金融のカードローンは、お金が必要なときにすぐに借りることができますが、利息が高く、返済期間が短いため、長期間にわたる借入には向いていません。一方で、銀行などのカードローンは、低い金利で長期間の返済が可能ですが、審査が厳しく、借入までに時間がかかる場合があります。カードローンを利用する際には、自分の借入目的に合ったローンを選ぶようにしましょう。

10. 借入限度額を把握することが大切

カードローンは、借入限度額が設定されています。借入限度額を超えて借り入れることはできませんので、必ず事前に借入限度額を把握しておくようにしましょう。また、借入限度額を超えて借り入れをすることは、借入能力を超えた借入になるため、借金が膨らんでしまう原因となります。

11. 借入手数料や保証料に注意することが必要

カードローンを利用する際には、借入手数料や保証料に注意することが必要です。借入手数料や保証料は、借入額に応じて発生するため、返済計画に含めておく必要があります。また、借入手数料や保証料が高額な場合は、他の業者を選ぶことも検討してみましょう。

12. 借入先の返済保証制度を確認することが大切

カードローンを利用する際には、借入先の返済保証制度を確認することが大切です。返済保証制度は、万が一に備えて借入金の返済を保証する制度です。返済保証制度には、保証人や保険が用意されていることがあります。借入先によって返済保証制度が異なるため、事前に確認しておくことが重要です。

13. 返済方法の選択によって返済額が変わることがある

カードローンの返済方法には、一括返済や分割返済などがあります。返済方法によっては、返済額が変わることがあります。例えば、分割返済の場合は、返済期間が長くなるため、毎月の返済額が少なくなりますが、利息が長期間にわたって発生するため、返済総額が増えてしまうことがあります。返済方法を選択する際には、自分の返済計画に合った方法を選ぶようにしましょう。

14. キャッシング枠を利用する場合には注意が必要

カードローンには、キャッシング枠が設定されている場合があります。キャッシング枠は、クレジットカードと同じように、現金を引き出すことができる機能です。しかし、キャッシング枠を利用する場合は、利息が高く、返済期間も短いため、利用には注意が必要です。

15. カードローンは借入先の選択が重要

最後に、カードローンを利用する際には、借入先の選択が非常に重要です。カードローンを提供する業者には、金融庁からの登録が必要となりますが、中には悪徳業者も存在します。悪徳業者は、高金利や違法な取り立てを行うなど、消費者にとって不利な条件を提示することがあります。カードローンを利用する場合は、金融庁のサイトなどで登録されている業者を選ぶようにしましょう。

まとめ

カードローンは、急な出費や支払いが重なったときなどに便利な存在ですが、金利や返済期間、返済計画などに注意が必要です。借り過ぎにならないよう、必要最低限の金額にとどめ、返済計画を立てておくことが大切です。また、借入先を選ぶ際には、信頼性の高い業者を選び、返済保証制度や借入手数料、保証料なども考慮して選ぶようにしましょう。これらの注意点を把握し、カードローンを利用する際には、負担を最小限に抑えるようにすることが大切です。

ただし、カードローンを利用すること自体が悪いというわけではありません。急な出費に対応するためにカードローンを利用することで、生活の安定につなげることもできます。カードローンを利用する際には、利用方法や返済計画などに十分に注意し、借入先を選ぶことで、スムーズな返済ができるようにしましょう。

借入れ入ロ