カードローンの借り換えのメリットと注意点

※当サイトはプロモーションが含まれています

お金が必要になったとき、カードローンを利用することはありますか?カードローンは、急な出費や旅行、教育費、医療費など、多様な用途に利用できます。しかし、金利が高く返済が滞ると、返済が困難になり、借金が膨らむこともあります。そんなときに活用したいのが、カードローンの借り換えです。カードローンの借り換えは、金利の低下や総返済額の削減、支払い方法の変更、複数の借り入れを一本化するなど、多くのメリットがあります。本記事では、カードローンの借り換えのメリットと注意点について詳しく解説しています。カードローンの借り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

カードローンの借り換えとは?

カードローンの借り換えとは、既存のカードローンを新たなカードローンで完済することです。借り換え後は、新たなカードローンの契約条件で借り入れを行います。主な目的は、利息の低減や返済負担の軽減、借入期間の変更、支払い方法の変更などです。

カードローンの借り換えのメリット

1. 利息の低減

カードローンの借り換えをすることで、借入金利が低下する場合があります。例えば、現在のカードローンの金利が10%だった場合、借り換え先のカードローンの金利が7%であれば、利息負担が減少します。これにより、返済額を減らすことができます。

2. 返済期間の変更

カードローンの借り換えをすることで、借入期間を変更することができます。例えば、現在のカードローンの借入期間が5年だった場合、借り換え先のカードローンで3年に変更することで、返済期間を短縮することができます。これにより、利息負担を減らすことができ、返済完了までの期間も短くなります。

3. 支払い方法の変更

カードローンの借り換えをすることで、支払い方法を変更することができます。例えば、現在のカードローンは毎月の返済が必要だった場合、借り換え先のカードローンではボーナス返済ができるようになったり、リボ払いに変更することで、返済負担を軽減することができます。

4. 総返済額の削減

カードローンの借り換えをすることで、総返済額を削減することができます。例えば、現在のカードローンの返済総額が100万円だった場合、借り換え先のカードローンで返済総額が90万円になるように調整することで、返済負担を軽減することができます。

カードローンの借り換えの注意点

1. 借り換えの手数料

カードローンの借り換えを行う場合、借り換え手数料が発生する場合があります。手数料の額は金融機関によって異なるため、事前に確認することが重要です。手数料の額が借り換えメリットよりも大きくなってしまう場合は、借り換えを行うことができません。

2. 事前の審査が必要

カードローンの借り換えを行う場合、事前の審査が必要です。審査に通らない場合は、借り換えができません。また、審査に通ったとしても、新たなカードローンの金利が現在のカードローンの金利よりも高くなってしまう可能性があるため、事前に確認することが重要です。

3. 借り換え先の金利

カードローンの借り換え先である金融機関の金利についても、事前に確認することが重要です。現在のカードローンの金利よりも高い場合は、借り換えメリットがなくなってしまいます。また、金利によっては、返済期間や返済額に大きな影響を与えるため、慎重な比較が必要です。

4. 借り換え後の支払い計画の立て方

カードローンの借り換え後は、新たな支払い計画を立てる必要があります。借り換え先のカードローンの金利や借入期間、支払い方法に応じて、月々の返済額が変わってくるため、返済計画を再度立て直す必要があります。返済計画を立てる際には、収支をしっかりと把握し、返済額を適切に設定することが大切です。

カードローンの借り換えで得られるメリット

1. 金利が下がることで返済負担が軽減される

カードローンの金利は、借り入れ先によって異なります。現在のカードローンの金利が高い場合、借り換え先の金利が低くなることで、返済負担が軽減されます。金利が下がることで、月々の返済額が少なくなり、総返済額も削減されるため、長期的に見て大きなメリットになります。

2. 返済期間を短縮して総返済額を削減することができる

カードローンの返済期間が長い場合、返済総額が大きくなります。借り換え先で返済期間を短縮することで、総返済額を削減することができます。返済期間が短くなることで、金利負担も減ります。また、返済期間が短くなることで、借入完済までの期間が短くなるため、将来の資金計画を立てやすくなります。

3. 支払い方法を変更して返済負担を軽減することができる

カードローンの借り換えをすることで、支払い方法を変更することができます。例えば、毎月の返済額を減らしたい場合、リボ払いに変更することができます。リボ払いは毎月の返済額が少なくなるため、返済負担を軽減することができます。また、ボーナス返済ができるようになった場合、定期的な返済に加えて、ボーナス返済を行うことで、返済期間を短縮することも可能です。

4. 複数の借り入れを一本化することができる

カードローンの借り換えをすることで、複数の借り入れを一本化することができます。複数の借り入れを一本化することで、管理がしやすくなります。また、返済期間や金利を統一することで、支払いの予測がしやすくなります。さらに、借り換え先のカードローンがポイント還元率が高い場合、ポイント還元率を利用して、さらにお得に借り入れすることができます。

カードローンの借り換えの注意点

1. 借り換え手数料がかかる場合がある

カードローンの借り換えを行う際には、手数料がかかる場合があります。手数料は金融機関によって異なるため、借り換え前に確認しておくことが必要です。手数料が借り換えメリットよりも高くなってしまう場合は、借り換えを行うことができません。

2. 事前に審査が必要である

カードローンの借り換えを行う場合、事前に審査が必要です。審査に通らない場合は、借り換えができません。また、審査に通ったとしても、新たなカードローンの金利が現在のカードローンの金利よりも高くなってしまう場合があるため、事前に確認することが重要です。

3. 借り換え先の金利を確認することが重要である

借り換え先のカードローンの金利については、事前に確認することが必要です。現在のカードローンの金利よりも高い場合は、借り換えメリットがなくなってしまいます。また、金利によっては、返済期間や返済額に大きな影響を与えるため、慎重な比較が必要です。

4. 借り換え後の支払い計画を立てることが必要である

カードローンの借り換え後は、新たな支払い計画を立てる必要があります。借り換え先のカードローンの金利や借入期間、支払い方法に応じて、月々の返済額が変わってくるため、返済計画を再度立て直す必要があります。支払い計画を立てる際には、収支をしっかりと把握し、返済額を適切に設定することが大切です。返済計画をしっかりと立てることで、将来的な返済計画を立てやすくなります。

5. クレジットスコアに影響を与える可能性がある

カードローンの借り換えを行うことで、クレジットスコアに影響を与える可能性があります。クレジットスコアとは、個人の信用度を評価する指標で、借り換え後の返済履歴や借入金額によって変化する場合があります。クレジットスコアが下がると、今後の借り入れに影響を与えるため、借り換え前にクレジットスコアについて確認しておくことが重要です。

まとめ

カードローンの借り換えは、金利の低下や総返済額の削減、支払い方法の変更、複数の借り入れを一本化するなど、多くのメリットがあります。しかし、借り換え手数料や審査、金利など、注意点も存在します。借り換えを行う際には、メリットとデメリットを比較し、しっかりと検討してから行うようにしましょう。

借り換えをすることで、返済負担が軽減され、長期的に見てもお得になることが多いです。しかし、借り換え先の金利や手数料、審査、クレジットスコアの影響などにも注意しなければなりません。借り換えを行う際には、しっかりと検討し、メリットとデメリットを比較して、より良い選択をするようにしましょう。

借入れ入ロ