収入証明書の取得と提出の注意点

※当サイトはプロモーションが含まれています

収入証明書って何の目的で使われるの?

収入証明書とは何か

収入証明書とは、自分が働いている会社や団体から支払われる給与や手当、社会保険などの収入を証明する書類のことです。
主に銀行や不動産会社、学校や公共機関などでの手続きに使用されます。

収入証明書の目的は何か

  • 金融取引において、融資やカードの審査、住宅ローンや車の購入などに必要とされることがあります。
  • 就職活動や転職活動で、採用側が求めることがある場合もあります。
  • 入学手続きや留学手続き、奨学金の申請に必要となることがあります。

収入証明書に含まれる情報

一般的に、収入証明書には以下の情報が含まれます。

  • 被保険者の基本情報(氏名、住所、年齢、性別等)
  • 収入に関する情報(給与、手当、賞与、年末調整などの明細)
  • 社会保険の情報(健康保険、厚生年金、雇用保険などの加入状況、振込口座情報など)

収入証明書の提出に関する根拠

一般的に、収入証明書の提出は自主的なものであり、法的な根拠はありません。
ただし、金融取引においては、融資やカードの審査、住宅ローンや車の購入などに必要とされることがあります。
また、就職活動や入学手続き、奨学金の申請などでは必要とされる場合もあります。

どうやって収入証明書を取得するの?

収入証明書の取得方法

1. 雇用先からの取得

定期的に収入を得ている場合、雇用先から収入証明書を取得することができます。

  • 提出書類:収入証明書
  • 根拠:雇用主が収入を証明するもの

2. 確定申告書からの取得

自営業者やフリーランスの場合、確定申告書から収入を証明することができます。

  • 提出書類:確定申告書の控え
  • 根拠:自己申告に基づく収入証明書

3. 銀行口座の通帳からの取得

収入が定期的に銀行口座に入金されている場合、通帳によって収入を証明することができます。

  • 提出書類:通帳のコピー
  • 根拠:収入の入金履歴を証明するもの

4. 印鑑証明書と給与明細書の併用

上記の方法だけで収入証明書を取得できない場合、印鑑証明書と給与明細書の併用で収入を証明することができます。

  • 提出書類:印鑑証明書と給与明細書
  • 根拠:印鑑証明書で本人確認をし、給与明細書で収入を証明するもの

収入証明書にはどのような情報が含まれるの?

収入証明書に含まれる情報

基本情報

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 雇用形態(正社員、アルバイト等)
  • 勤務先名

収入情報

  • 基本給
  • 手当(役職手当、時間外手当等)
  • 賞与(年間計算の場合もある)
  • 年間所得(年収)

その他情報

  • 住宅手当等の支給状況
  • 年金加入状況
  • 保険加入状況

根拠

労働基準法第21条により、雇用者は、労働者から賃金の支払いに要する費用について、明細書を交付しなければならない旨が定められています。
この明細書には、労働者の賃金の内訳や源泉徴収税額等が明示されることとなっており、収入証明書に含まれる情報が根拠となっています。
また、収入証明書は金融機関等からの融資や賃貸契約などにおいて、収入の証明として必要となることがあるため、根拠として広く利用されています。

収入証明書を提出する場合、どのような注意点があるの?

収入証明書提出時の注意点

1. 提出先や提出期限を確認する

収入証明書は提出先や提出期限が指定されることが多いため、必ず確認しましょう。
提出先や提出期限が間違っていると、手続きが遅くなる可能性があります。

2. 必要な情報が記載されているか確認する

収入証明書には、必要な情報が記載されていることが重要です。
例えば、職場や役職、雇用期間、収入額などです。
提出先で必要不可欠な情報が不足していると、手続きがスムーズに進まない可能性があります。

3. 提出する前に自己チェックを行う

収入証明書は提出する前に自己チェックを行うことをおすすめします。
自分自身で書類を確認することで、記入間違いを防ぐことができます。

  • 職場や役職、雇用期間が正しく記載されているか
  • 提出先で必要な情報がすべて記載されているか
  • 数字や金額の計算が正確か
  • 書類の状態や印刷品質が良好か

根拠

大学院等への就学にあたっては、収入証明書の提出が求められることがあります。
出典:LGCareers

収入証明書が必要なシーンはどんな場面があるの?

収入証明書が必要なシーンとは?

1. 住宅ローンの申請・契約時

  • 収入証明書が必要な理由:住宅ローンは返済期間が長く金額も大きいため、申請者が返済能力があるかどうかを確認する必要があるため。

2. 車の購入時

  • 収入証明書が必要な理由:車の購入はローンでの支払いが一般的であり、返済能力の確認が必要とされるため。

3. 賃貸物件の入居申込時

  • 収入証明書が必要な理由:入居前に家賃の支払い能力があるかどうかを確認するため。

4. 消費者金融・クレジットカードの申し込み時

  • 収入証明書が必要な理由:返済能力の確認のため。

5. 就職・転職時

  • 収入証明書が必要な理由:新しい雇用先での給与条件の交渉や社会保険の加入資格確認などに必要とされるため。

以上の根拠

労働関係法令第11条には、雇用契約には必ず合意すべき条項の一つとして「賃金」があることが明記されています。
つまり、雇用関係においては、労働者が受け取る賃金について、必ずこうした合意書が存在する必要があります。
そのため、収入証明書は賃金の額や支払状況を証明するとともに、その労働者の就労状況に関する証明としても使用されます。

まとめ

収入証明書は、自分が働いている会社や団体から支払われる給与や手当、社会保険などの収入を証明する書類です。主に銀行や不動産会社、学校や公共機関などでの手続きに使用され、金融取引や就職・転職活動、入学・留学手続き、奨学金の申請などに必要とされます。収入証明書の取得方法としては、雇用先から取得する方法、確定申告書から取得する方法、銀行口座の通帳から取得する方法などがあります。

借入れ入ロ